植木屋「塩の」へ、ようこそ。

 

庭。

それは、家と人の暮らしを守るもの。

そして、そこには住まう人の生き方や哲学が表れます。

遠い昔のひとびとは、人の手の届かないものへの強い想いを、

岩を組むことであらわしました。

権力の象徴として庭園がつくられた時代もありました。

時代とともに変わり続け、受け継がれてきた「庭」。

人の暮らし、想い、そして四季の移ろいとともに、庭も変化していきます。

庭は、生きています。

だからそれは、ぬくもりを感じられるものでありたい。

『塩の』は、小さな植木屋ですが、大きな夢を持っています。

天然の材料の良さを最大限に活かした、

変化する庭、命を感じられる庭を作りたい。

それが、「塩の」が目指す「ぬくもりのある庭」です。